今ドキの婚活事情1

こんにちは。

日本結婚相談所連盟の運営会社IBJは、
「今ドキの婚活事情」
に関する意識調査を
20歳~49歳の独身男女約1,500人に対して実施いたしました。


調査結果サマリー(要約)は次のとおりです。

①SNSを介した出会いはアリ(約9割)婚活にも抵抗は感じない(約8割)
②異性との出会いは、婚活パーティー(1,139人)と友人の紹介(1,067人)がベター
③男性の4割、女性の3割は、婚活サービスから交際へ発展した経験あり
④すぐにでも結婚したい558人のうち、約4割が平成駆け込み婚に期待

今日は①と②と③の結果についてご説明します。


Q これまでの交際人数を教えてください。(n=1,526)
2.6.2.png
まず最初に、これまでの交際人数について伺いました。すると、全体の約8割が「6人以下」という結果に。「10人以上」と経験豊富な方が183人いらっしゃる一方で、「0人」と回答した方も146人と同程度いらっしゃることが分かりました。

続いて、異性との出会い方についてうかがいます。FacebookやInstagram等のSNSを介した出会いが増えている現状を受け、独身男女はSNSの出会いに対してどのように捉えているのでしょうか。

Q SNSを介した異性との出会いはアリだと思いますか?(n=1,526)
2.6.3.png
SNSを介した出会いに対し、約9割の男女が「あり」と回答。続いて、「婚活の実情」についてうかがっていきます。

Q 婚活をすることに対しての抵抗感はありますか?(n=1,526)
2.6.4.png
ここ10年でメジャーと化した「婚活」というワード。そこで、昭和生まれ1,082人・平成生まれ444人に、婚活への抵抗感についてうかがいました。すると、共に約8割の方は「抵抗ない」と回答。

では、婚活に抵抗を抱く方が少なくなった今、多々ある出会いの中で独身男女はどのような出会い方をしているのでしょうか。

Q 異性との出会いについて、経験のある出会い方を教えてください。(n=1,526)※複数回答可
2.6.5.png
異性との出会い方について経験のあるものを伺うと、1,139人が「婚活パーティー」と回答。続いて、「友人の紹介」1,067人、「合コン」871人、「マッチングアプリ」559人という順番になりました。

では実際、婚活サービスを利用してお付き合いへ発展した方はどれくらいいるのでしょうか。
2.6.6.png

すると、男性の41.8%、女性の32.6%が「ある」と回答しました。約3人に1人は婚活サービスを利用してお付き合いへと発展した経験があるようです。


つづく!

調査方法:アンケート調査
調査対象:20~49歳の男女1,526人
集計期間:2019年1月23日(水)~1月29日(火)

※アンケート結果は情報の提供を目的としており、データの正確性・確実性・信頼性及び有効性等について、保証するものではありません。
※各割合の数値は四捨五入しておりますので、合計が100%にならない場合があります。


本アンケートの著作権は「婚活総合サービス 株式会社IBJ」が所有しております。


PageTop