3月3日は女の子の健やかな成長を願う日

こんにちは。

3月3日は女の子のお祝いごと「ひな祭り」
です。
「桃の節句」とも呼ばれますが、
ひな人形を飾ったり美味しいものを食べたりして、
女の子の健やかな成長と幸せを願う伝統行事です。


ひな人形には、桜や桃の花をなどの木々を飾りつけて、雛あられや菱餅を供えます。
そして白酒やちらし寿司などを食べてみんなで楽しむお祭りです。

ではどうして、
ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べるのでしょうか?

さかのぼるところ平安時代、
ひな祭りには「なれ寿司」と言って彩のよい海老などの具材をごはんの上にのせて食べられていたそうです。

そして今では、
見栄えの良い豪華な具材をのせて「ちらし寿司」となったようです。
ちなみに
海老は「腰が曲がるまで長生きできますように」
れんこんは「先がよく見通せますように」

など一つ一つの食材に思いが込められています。

もう一つ、
ひな祭りだからこそハマグリを食べる理由があります。
ハマグリは、最初に対になっていた貝同士でないと絶対に合わないと言われています。
平安時代には「貝合わせ」という遊びに用いられるくらいです。

ハマグリはその様子から、
「一生涯一人の相手と添い遂げる」
理想的な夫婦像の象徴として捉えられてきました。

ですのでハマグリのお吸い物を飲むのは、
娘が「素敵な男性と出会って良い結婚、良い夫婦生活が送れますように」

という親の願いが込められていると言われています。


今日はひな祭り。
当会員など多くの女子のお見合いやデートがあります。


良いご縁が繋がりますようにお祈りしております。


3.3.jpg


PageTop